緑茶の飲む以外の活用方法を紹介しています。

こいまろ茶

緑茶の活用方法(飲む以外)

緑茶は飲む以外にも様々な活用方法があります。
代表的な活用方法を以下にまとめてみました。

 

うがい

 

緑茶のカテキンによる殺菌効果で、風邪のウイルスの侵入を予防する働きがあります。

 

料理

 

生茶葉を手に入れる事は容易ではありませんが、
天ぷらんにしてあげるとさくさくぱりぱりとして非常においしいです。

 

さらに茶葉をいればふりかけとしても利用できます。

 

入浴剤

 

緑茶の出がらしをティーパックに入れて、
お風呂で揉み出せば緑茶風呂に大変身。

 

お茶の香りでリラックス効果や、ビタミンC配合による美白効果も期待できます。

 

パック

 

濃い目に出した緑茶をコットンに含ませて顔全体に塗ってパックをすれば、
美白やニキビ予防にも効果が期待できます。

 

掃除や消臭

 

乾燥させた出がらしの茶葉をフローリングや畳にまいた後にほうきをかけると、ホコリがよくとれます。

 

その他、ティーパックに出がらしの茶葉を詰めて、箪笥の中や下駄箱やクローゼットに置けば、
虫よけや消臭効果が期待できます。

 

アロマ

 

緑茶の茶葉を香炉にのせて燻れば、部屋中にお茶の香りが広がり、
アロマ効果でリラックスした気持ちになれます。

 

肥料

 

出がらしの緑茶を家庭菜園やお花の肥料としても使う事ができます。
(これでわざわざお金を出して肥料を購入する必要性がなくなります。)

 

毎日お茶を飲む以上、出がらしの茶葉は毎日出ますので、
そのまま捨てずに是非肥料として活用するようにしましょう!
(地球環境にもよいです。)