緑茶・品質を保つ・ベスト・保管方法

こいまろ茶

緑茶の品質を保つ為のベストな保管方法

緑茶の品質を保つ為の最適な保管方法を紹介致します。

茶葉は収穫をしたのちに乾燥をさせていますがある意味‘生きています’
よって茶葉の間違った方法で保管をするとせっかく高いお金を払って購入した茶葉も、
淹れた時の味・香り・色が台無しになりおいしく味わう事が出来なくなります。

 

茶葉の最大の劣化原因は、「湿度・空気・直射日光」です。
この3つの対策を行う事で茶葉の劣化を防ぎ、時間がたっても味や風味を損なう事なく最高の緑茶を堪能する事が出来ます。

茶筒

 

開封後の茶葉の保管方法

 

お茶の袋を開封したのちは基本的には約1ヶ月程度で飲み切るようにした方が味、香り、色的に最高の状態の緑茶をあなたは楽しむ事が出来ます。

 

そして開封後の茶葉の保管方法は、

保存容器は、瓶やタッパーは×。なぜならば光が当たるからです。
一番おすすめの容器は茶筒です。
そして茶筒の大きさも茶葉の量に対して大きすぎるものは不向きです。
(その理由は蓋の開け閉めの際に大きすぎると空気と茶葉が触れ合う面積が大きくなるからです。)
よって適度の大きさの茶筒で開封後の茶葉を保管するのが望ましいです。

 

未開封の茶葉の保管方法

 

未開封の茶葉は湿度や温度や直射日光が当たらない冷蔵庫で保管するのが一番ベストです。
(もしくは食器棚か暗室の場所。)

そして冷蔵庫に入れる際にはそのまま茶葉の入った袋を入れるのではなく、
ラップまたは新聞紙でくるんでさらにジップロックの中に空気を抜いた状態で入れて、冷蔵庫に保管をするようにして下さい。
理由はお茶は匂いを吸収しやすいので、他の食品の匂いが移る危険性があるからです。

 

それと冷蔵庫で保管した未開封の茶葉をいきなり封を切って茶筒に移し替えるのも×です。
理由はいきなり冷たい状態で保管されていた茶葉が常温の空気と触れ合う事で湿度が生じ、
温度差による茶葉の劣化原因になるからです。
よって冷蔵庫から出した茶葉の入った袋はいきなり開封せずに1日程度常温に戻してから、開封するのが望ましいです。

 

以上が緑茶を美味しく飲む為の上手な茶葉の保管方法です。