こいまろ茶・特徴

こいまろ茶

こいまろ茶の特徴

宇治田原製茶場のこいまろ茶の特徴をまとめてみました。

 

4つの茶葉をブレンド

 

こいまろ茶は茶匠が選びぬいた「一番茶」のを使用しています。
さらに4つの異なる性質の違う茶葉がブレンドされています。

若蒸し煎茶」・・・さわやかな香りと味が特徴の茶葉です。

 

深蒸し煎茶」・・・濃厚な味わいが特徴の茶葉です。

 

玉露」・・・深いコクと旨みが特徴の茶葉です。

 

抹茶」・・・3つの茶葉の香りと味わいを調和させる特徴をもつ茶葉です。

いわゆる4つの茶葉をブレンドする事によって、互いのよい性質を最大限に活かし逆にマイナス要素ならないように作り上げられたお茶です。

 

こいまろ茶は、「誰が飲んでもおいしいお茶」をコンセプトに
匠が3年にも及ぶ年月を費やし100種類ものブレンド試作を試みた結果生まれたお茶です。

 

品質管理

 

一番茶は摘み取ってすぐに「蒸す」「揉み」「乾燥」「火入れ」をして「荒茶」の状態で保管します。

 

茶葉は-5度湿度50%の鮮度を保つ為に最も適した最新鋭の保冷庫で保管しています。

 

 

矢印こいまろ茶定期コース初回50%OFF810円!お申込みはこちら